保健師の転職もナース人材バンクで!

医療関係、介護関係での就職をめざす方の中には、「学校の保険の先生になりたい」という方も多いようですね。保健師というのは厚生大臣の免許を得て保健指導を行う人のことで、看護師の資格のほかに「保健師」の資格が必要です。指定の学校や養成所で学習し受験資格を得たうえで((一部カリキュラムでは看護師受験資格と同時に取得も可)、年1回の「保健師国家試験」を受験して合格した人が保健師になれます。看護師の資格をフルに活用させるために、保健師の資格を取る方も多いようです。

 

保健師には、学校保健師の他に、役所や保健所、保健センター等で勤務する地域の保健師、企業の医務室などで勤務する産業保健師などの種類があります。高齢者の介護関係や企業のメンタルヘルス関係でもニーズが高まっています。報酬は働き先によってかなり異なりますが、全体的に高めとなっています。

 

仕事の内容は、病院のような治療ではなく、病気やケガの予防メインなのも特徴的です。たとえば健康診断や、市民や学生、社員などのデイリーな健康管理といった、特定の対象者の生活に密着した仕事内容となります。病人以外の一般の人と接することができるのもポイントです。地域との密着度・貢献度も高いのでそうした面でのやりがいも大きいです。

 

「ナース人材バンク」では、看護師の求人だけでなく、保健師の求人にもしっかり対応しています。公式サイトでは全国の保健師のおすすめ求人が随時アップされていますので、地域や報酬を含む各種条件で検索可能です。求人数が多く、内容も多岐にわたるので、自分に会った職場選びができるのが最大の魅力ですね。全国にいるキャリアコンサルタントが、各地域の企業や医療機関など独自のネットワークで情報収集をし、フレッシュで多種多様な案件を多数保有しています。

 

「ナース人材バンク」サイトで公開されている求人例をさっとみても、会員制による検診センター、訪問診療の拠点施設、メディカルコールセンター、企業での産業保健師と、いろんなキャリアを開発していけそうです。有名企業の募集もあるので、企業志向の方にも向いています。「ナース人材バンク」に登録すると、非公開案件も紹介してもらえるので、ますます有利ですね。

おすすめのNJB

公式サイト画像


おすすめポイント

おすすめポイント

矢印

公式サイト画像